水道水の水は体によくないといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと、これは嘘です。 水道水の水質は厳しく管理されているため、飲んでも何も問題ありません。 特に日本の水道水は非常に基準が厳しいといわれているので、他の国よりも安全性が高いです。 そのため、水道水を飲んだからといって、健康状態に悪影響を与えることはないといって良いでしょう。 ただし、水道水の中には健康に害を与えない程度ですが、塩素が含まれています。 地域によって含まれている量は異なり、塩素が少ないところもあれば、多いところもあります。 塩素は水質を維持するのに使用されているので、これを除去することはできません。 仮に塩素を使用しなかった場合、お腹を壊したり、重大な病気になる可能性があります。 このように、微量ながら塩素が含まれていることもあり、安全性に疑問を感じている人も多いですが、健康には害がないため、それほど気にする必要はありません。 しかし、塩素の臭いがどうしてもしてしまうので、一度煮沸されてから飲まれた方が良いでしょう。